京都の京都市民による京都のための政治【地域政党京都党】

皇室を京都へ!

皇室を京都へ!双京構想の実現に向けて!
「今上天皇ご退位後、我々はお帰りをお待ちしております。」

京都は天皇家とともに繁栄してきました。
京都は日本のふるさとであり、皇室のふるさとです。

京都の町衆は、明治二年に行われた陛下の行幸からのお帰りを、首を長くして待ち望んでいると言われています。
ドナルド・キーン氏によると、明治天皇も在任中、京都へお戻りになりたいという意向をお持ちで、その延長線上で、東京での造営が決まっていた明治天皇陵(桃山御陵)も京都へと変更されました。
昭和天皇におかれても、東久邇宮内閣で近衛文麿副総理が昭和天皇のご退位は避けられないと思われ、仁和寺を具体的なお住いとして検討されたという経緯もあります。このように、ご退位が検討されるたびに、京都はご退位後のお住まいの候補地でした。

通常、上皇のお住いを「仙洞御所」と呼びますが、既に仙洞御所は京都御苑にあります。陛下の玉座である高御座(たかみくら)も京都に残したままです。
そもそも、今日まで京都御所はいつでも活用出来る様に維持されてきました。
既に京都市でも、皇室の方に京都にお住い頂きたいという思いを包括して「双京構想」(ふたつの都で日本を引っ張る)という考えを示しています。

百四十有余年の時を経て、京都は再び皇室との縁(えにし)が結ばれる。
我々京都市民はそれを歓迎しようではありませんか。
その思いを形にし、その願いを国へ届けましょう。
ご協力宜しくお願いいたします。

地域政党京都党代表
村山 祥栄

地域政党京都党では、「皇室を京都へ!双京構想の実現」のため、内閣総理大臣宛に署名を提出いたします。
是非、趣旨にご賛同いただき、署名にご協力ください。

署名のお願い

郵送での署名

署名の仕方
効率的な署名のお願い
ポイントは皆さんに協力者になってもらうことです。
署名の仕方

左の場合、一人一筆、10人で10筆です。
右のようにお願いすると、一人複数筆、10人で平均50筆程度集まります。
場合によっては何枚も持って帰ってくれる方も出てきます!

署名用紙のダウンロード
下記のボタンをクリックし、保存・印刷・ご署名いただき、下記事務局まで郵送にてご送付をお願いいたします。
署名用紙のダウンロード
署名用紙の送付先
地域政党京都党事務局
〒606-0813
京都市左京区下鴨貴船町46 グランディール堤2F
FAX:075-712-9963
回収期限は平成29年3月末日です。

インターネットでの署名

インターネットでも署名が可能ですが、できる限り書面での署名をお願いいたします。 下記のフォームに必要事項(お名前、ご住所)をご入力いただき、
要望書の内容に同意するを選択して送信ボタンをクリックしてください。

※ いただいた個人情報は、本署名以外には使用いたしません。
※ 送信する際はSSLにより暗号化されて送信されます。

署名に関するQ&A

Q:皇室問題に物言うなど不敬ではないのですか?
A:我々はあくまで市民の思いや声を届け、判断の一助にして頂きたいと思っています。一般大衆の国民の声、とりわけ京都市民の思いや声が届かない仕組みの今、こういった声があるということをお伝えしたいと思っています。
また、過去を紐解くと、市民の手によって吹上御所の再建募金運動がかつて盛り上がり、現在の吹上御所は再建を果たしたこともあります。
Q:皇室の政治利用にあたらないのか?
A:当初、自治体として、市を挙げて取り組みたいと思いましたが、天皇制を否定する勢力も含め賛否両論で、公共的に取り組むのは困難だと判断しました。
地域のアイデンティティーや地域住民の価値観に基づき行動するのが地域政党であり、地域の声を集約化することも政党のひとつの在り方だと私たちは思っています。
 また、皇室の政治利用というものは、玉座を盾に取る、すなわち、自らの考えをさも陛下の希望であるかのように推し進めることであり、これは決して許されるものではありません。最終的に皇室の問題も国会で議論され結論付けるもので、発言そのものが政治利用に当たるものではありません。
Q:皇室の決め事に地域エゴを押しつけるべきでないのでは?
A:この件は、陛下の御心を踏まえて国家が総合的に判断していくことです。私たちはそれに異を唱えたり、国に政策提言や提案をするつもりはありません。あくまで思いを届け、市民の声を参考にして頂きたいという思いで活動しています。
Q:京都へお越し頂くには費用がかかり過ぎるのでは?
A:現在、天皇陛下がお住まいされている御所には、即位された皇太子殿下がお住まいになることを前提に考えますと、いずれにせよご退位された今上天皇がお住まいになる新たな邸宅が必要になります。新たに建設するか、現在使用されていない吹上御所を再建してお住まいになるかだと考えれますが、いずれにせよ大掛かりな工事等が伴う可能性が高く、京都にお越しになるが故に費用がかさみ過ぎるということはないと考えています。また、現在不明ですが、ご退位された今上天皇が外国の賓客をお迎えされないとなると施設自体はかなり小規模になる可能性が高いと思われます。
Q:京都では警備体制が難しいのでは?
A:警備の規模によりますが、警察機能はこの10年で飛躍的に進歩しており、専門家によると、必要あればどんな警備体制も取れる状況にあるとのことです。
Q:住所は番地まで書かなければなりませんか?
A:番地までお書きください。
Q:代筆でも構いませんか?
A:必ずご自身でご署名ください。お子様も同様です。 止むを得ず(ケガ等)代筆する場合は、押印してください。
Q:ボールペンで書かなければなりませんか?
A:出来るだけ黒または青のペンでご記入ください。鉛筆や消せるインクのものは書き換え防止のため使用できません。
Q:署名欄に一人しか署名できませんが残りは空欄でも構いませんか?
A:もちろん構いません。
Q:署名をすることによって個人的な不利益を受けることはありませんか?
A:不利益を受けることはありません。
Q:外国人でも署名できますか?
A:日本に在住であれば署名することができます。日本人であれば外国在住でも署名できます。
Q:署名用紙にリンクを貼ったり、SNSで拡散してもよいですか?
A:構いません。できるだけ多くの方にご協力いただければ幸いです。
Q:署名用紙に記入した個人情報はどのように扱われますか?
A:事務局に届けられた署名用紙は、厳重に保管し、集約期限後に集計し、内閣総理大臣に提出します。これ以外の目的に個人情報が利用されることは一切ありません。なお、署名の原本・コピーはすべて内閣総理大臣に提出され事務局には残りません。
Q:署名用紙はいつまでに送らなければならないですか?
A:回収期限は平成29年3月末日です。
 

ご協力ありがとうございました。